依頼する遺品整理|プロに任せて心の休養期間

参列者

変化する葬儀の形

数珠と花

葬儀の種類と注意点

以前は葬儀といえば、家族や縁者だけでなく親しい人や仕事の関係者等多くの会葬者によって見送る一般葬がほとんどを占めましたが、今では家族のあり方や考え方の変化から葬儀の形は様々に発展し、選ぶ時代となってきました。最も基本とされる一般葬は、人間関係および社会関係での縁や絆を重視した葬儀です。広く周知する葬儀のため、後に禍根を残すことがないとされますが、一方で遺族の経済的・心理的な負担が大きいと言われています。最近、特に都市部で盛んになってきたのが家族葬です。こちらはその字のごとく、家族やごく親しい人のみで送る葬儀です。核家族化および高齢化か進んだことから、地縁や血縁の交流が少なくなり、家族だけで見送ることがごく当たり前という風潮になりつつあるようです。こちらは身内だけとあって遺族の負担が少なく、ゆっくりと故人を偲ぶことができるとされますが、ただし告知がされないことで親戚や友人から非難を受けるケースも少なくないことから注意が必要とされています。

最も簡略された形

昨今の社会の変化は激しく、それに伴い家族の形も大きく変化しています。大家族は少なくなり、特に都会では単身もしくは少人数の家庭が増え、縦横ともつながりが少なくなってきているのです。こうした事情から、今最も注目が集まっているのが直葬です。直葬とは、通夜や告別式を行わず故人を直接火葬場に運び、火葬と拾骨をして見送るという葬儀です。ただし、直葬といっても中には火葬場で僧侶等の宗教家を呼んで簡単なお別れの式を行うケースもあり、形が多様化してきています。直葬は葬儀を簡略化したいという声や、葬儀費用をできるだけ節約したいという声から生まれた葬儀方法です。今後、我が国の少子化や高齢化が進むことは間違いないとされることから、直葬を選ぶ人はますます増えていくと考えられています。