依頼する遺品整理|プロに任せて心の休養期間

参列者

故人の思い出を整理する

男性

高齢化で増加する需要

故人の使っていた日用品や生活雑貨などは、遺族が分けあったり処分したりするのが普通です。しかし独居老人の孤独死などで、一度に大量の遺品が出ると、処分に困ることがあります。特に賃貸住宅では、速やかに住居を明け渡す必要があり、すべてを遺族で片付けるのは困難です。そのようなとき役に立つのが遺品整理業者です。大阪でも遺品整理業に対する需要は増加しています。高齢化が進む日本では、一人暮らしの老人も増える一方ですから、今後もプロによる迅速な遺品整理が求められるでしょう。また大阪には賃貸アパートやマンションが多く、中には身寄りのない入居者に部屋を貸しているオーナーもいます。そういう入居者が死去したとき、遺品整理業は不可欠なサービスと言えます。

しっかりと情報を集める

大阪にも多くの遺品整理業者がありますが、開業に必要な免許や資格は特に設けられていません。たとえば遺品を引き取って転売するには古物商の許可が要りますが、不要品を処分するだけなら誰でもできます。そのため遺品をゴミとして不法投棄したり、法外な料金を請求したりする業者もないとは言えません。遺品整理が必要になる場面では、たいてい時間が差し迫っているため、よく調べずに業者を選んでしまうことが多いと考えられます。いざというときトラブルにならないよう、サービスの内容や料金については、事前にしっかりと調べておくことが大切です。大阪には遺品整理だけでなく、特殊清掃や遺品の供養なども行なっている業者があるので、電話やメールで問い合わせてみると良いでしょう。